※ここに記載している内容は Ver 0.01 時点のものです。

概要

「ちーたんタッチボード」は Windows タブレット端末向けのソフトウェアキーボード&マウスパッドの機能を提供するアプリです。OS 標準のキーボードだけではできないキー入力や、細かな操作が必要なマウス操作をタッチ操作で行うことができます。また、キーの配置を好みに合わせて自由に設定することができます。

機能

好みのボードの選択・追加

同じキーボードでもユーザーによって使いやすいレイアウト、慣れているレイアウトがあるかと思います。ソフトウェアキーボードでも同様で、例えば OS 付属のソフトウェアキーボードでも使いやすい、使いにくいがあると思います。

ちーたんタッチボードではそれを考慮し、ユーザーに合わせてボードに載せるキーの配置を自由に設定できるようにしました。

ちーたんタッチボードではボードの各キーの配置や大きさ、表示などをボードの設定ファイルで管理しています。配布サイトから入手した設定ファイルを配置することによって好みのキー配置のボードを追加することができます。

キーの自由な配置

Borads フォルダ下にある「.setting」ファイルは各ボードコンテナのキーのレイアウトを定義したファイルであり、JSON というテキスト形式で作成されています。よって、ユーザーが設定ファイルを開いてキーを追加したり位置の変更やサイズの変更などを行うことができます。不要なキーを削除してよりコンパクトなボードを作成することもできますので、自分なりのボードを作成してみてください。

用途に合わせたボードを選択

ボードを自由に選択できるということは通常の文書入力のとしてだけではなく、特定のアプリケーションに特化したボードとして使用することもできます。

例えばキーボードやゲームパッドにしか対応していないゲームを遊ぶ時や、イラストを描く際のショートカットキー配置などです。もちろんこれ以外の使い方もあるかもしれませんので自由にボードを選択してみてください。

一連のキーをサポート

標準的なキーであれば一連のキー送信をサポートしています。ボードの設定によって過去の OS で使用されていたキーやマイナーなキーなども定義することができます。(一部特殊なキーは除く)

複数のボードの配置

ボードはひとつだけでなく複数のボードを同時に配置することもできます。例えばタブレットを両手で持った場合に親指でキーを操作するためのボードを左右に分割して配置、操作することができます。

ボードの数はボードコンテナの設定ファイルで自由に指定することができます。

マウスカーソルの操作

デスクトップ向けアプリの多くはマウスを使っての操作を前提としたアプリが多いため、タッチのみのデバイスで操作しようとすると操作対象が小さくて操作しにくい場合が多々あります。それを補うために擬似的に画面上にマウスパッドを配置してマウスカーソルを操作できる機能があります。

マウスカーソルの移動は2パターンあり、指を動かしただけ移動するマウスパッドモードとタッチポイントから指を移動した方向にカーソルが移動し続けるマウススティックモードがあります。

マウスパッドはタップによりマウスクリック、ダブルクリックの動作も行うことができます。(設定変更必要あり)

マウスホイールの機能もあります。ホイールによる動作はウィンドウ上にカーソルがあるかによって変わる場合がありますのでご注意ください。

マウスボタンもひととおり実装してあります。以下のボタンが使用できます。

  • 左ボタン
  • 右ボタン
  • 中央ボタン
  • X1ボタン
  • X2ボタン

一つのキーに複数の動作割り当て

一つのキーに対して複数の操作を割り当てることができます。たとえば「Ctrl」と「C」のキーを割り当てることによって「コピー」の動作、「Ctrl」と「V」を割り当てることによって「貼り付け」の動作をひとつのキーで行うことができます。

例としてイラスト向けのボードではその動作を実装しています。

キーの同時押し対応

物理キーボードではキーの配線によって同時押しできないキーがあったりする場合もありますが、ちーたんタッチボードではタッチポイントの最大数まで同時にキーを押して送信することができます。

ボードは分かれていても同時押しできるため、アクションゲームなどにも対応することができます。

D-Pad (Directional pad)

D-Pad は一つのキーの中に上下左右をまとめた特殊なキーになっています。ゲームコントローラーにある十字キーを想像していただければわかりやすいかと思います。

D-Pad は通常のカーソルキーとは異なり、押した瞬間から連続でキー送信を行うようになっています。主にゲーム向けの機能となっていますが、ボードの設定で挙動は変更することはできます。

ゲーム向けとは書いてありますが、通常のアプリケーションにも使用することができます。

※上図のキーのタッチ範囲はイメージです。実態のタッチ判定はボードの設定に依存します。

ボードの移動対応

起動直後はボードが下の方に配置されていますが、場合によってはウィンドウがかぶってしまいボードを移動させたいことがあるかと思います。

その場合は各ボードにある「▩」キーをドラッグして移動させることができます。

IME の状態表示 (仮実装)

テキストを入力する際に現在 IME が ON なのか OFF なのかわからないことがよくあるかと思います。ちーたんタッチボードでは IME の状態に応じてボードの色が変わるようになっているため、IME の状態を間違えずにテキストを入力しやすくなっています。

色は設定ファイルで変更することができます。


IME が OFF の状態

IME が ON の状態

ボードの透過

ボードは透過に対応しています。ボードが見づらい場合は透過なしでも構いませんし、裏に隠れているウィンドウが見えるようにしたい場合は適度な透明度を設定することができます。


透過なし

透過率40%

ボードの背景への画像設定

ボードの背景に自由な画像を表示させることができます。標準ではキーの見やすさのために単色で表示させていますが、見にくくならないのであれば好きな画像を載せてみてもいいでしょう。画像が適度な透過画像であればボードも透過させることができます。

キーのテキスト変更

各キーの表示テキストはボードコンテナ定義ファイルで自由に設定できます。もちろん打つキーと全く異なるキーの表示をすることも可能ですが、できる限りわかりやすいテキストを表示しましょう。

フォントサイズの大きさはユーザーの設定ファイルでスケーリングできます。

キーに画像設定

各キーにはテキストのほかに画像を表示させることもできます。テキストだけではわかりにくいキーの場合は画像を使用するとわかりやすくなるかもしれません

高DPI対応

OS の DPI の設定に合わせてボードのサイズが自動的に変わるようになっています。小さいデバイスで高解像度の環境でも適切な大きさでボードを表示、操作することができます。

リモートデスクトップ対応

リモートデスクトップ先に対してもキー操作を行うことができます。

※マウスでのボード操作ではリモートデスクトップ先にキーを送信できない場合があります。

Windows XP 以降の OS に対応

ちーたんタッチボードは Windows XP 以降の OS で動作させることができます。ただし、タッチ操作ができるかはデバイス依存になるのでご注意ください。

XAML からボードコンテナ定義ファイル生成 (仮実装)

ボードコンテナ定義ファイルは Json 形式で定義されているため、直接テキストエディタで開いて修正することもできますが、キーの数が多いと面倒です。

現在仮実装ですが XAML ファイルでキーの配置を作成して所定のフォルダに配置し、ちーたんタッチボードを起動すると自動的にボードコンテナ定義ファイルが生成されます。ただし、現在仮実装であるため、一部は直接ファイルを編集する必要があります。

デバイスごとに設定保存 (仮実装)

ちーたんタッチボードで設定した内容(ボードコンテナ定義ファイルは除く)はデバイス、ユーザーごとの設定ファイルに保存されるようになっています。保存フォルダは実行ファイルのあるフォルダと同じ場所です。

これにより、デバイスの大きさが異なる環境でフォルダを同期させても各環境に合わせた設定を使用することができます。

複数のデバイスで設定を共有できるローミングファイルも保存されていますが、現時点ではすべての設定は各環境ごとの設定として保存されています。今後のバージョンでは共有する設定、デバイスごとの設定を保存できるようにする予定です。