To change the recovery model of a database in SQL

Summary

復旧モデルを SQL Server Management Studio の画面上からではなく、SQL から変更する場合について説明します。

Operating environment

SQL Server
  • SQL Server 2008
  • SQL Server 2008 R2

Tested environment

SQL Server SQL Server 2008 R2

Content

データベースの復旧モデルは、SQL Server Management Studio を使用して画面上から変更できます。設定の変更方法は SQL Server Management Studio から対象データベースを右クリックしメニューから「プロパティ」を選択。ダイアログが開いたら左の「ページの選択」メニューから「オプション」を選択して「復旧モデル」を変更します。

SQL Server Management Studio から復旧モデル変更

通常はこの方法で問題ないのですが、例えば外部サービスにある共有データベースを使用している場合など、SQL Server Management Studio を使用できないこともあります。その場合は SQL を実行して復旧モデルを変更できます。

SQL で変更する場合は以下の SQL を実行します。外部サービスのデータベースの場合は、そのサイトに合わせたツールまたはプログラムで実行してください。

ALTER DATABASE [データベース名] SET RECOVERY 復旧オプション;

「復旧オプション」は以下のいずれかを入力します。

FULL 完全
BULK_LOGGED 一括ログ
SIMPLE 単純

SQL を実行するには通常 master の権限が必要です。外部サービスも同様ですが、各アカウントごとに変更権限が与えられている場合もありますので、外部サービスごとに確認してください。