Each version of Windows スタートアップフォルダパス

Operating environment

Windows
  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows 8.1

Tested environment

Windows
  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows 8.1

Content

スタートアップ フォルダパス

Windows の各 OS ごとのスタートアップフォルダパスは以下のようになります。

OS 日本語パス 英語パス
Windows 8.1 C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
Windows 8 C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
Windows 7 C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
Windows Vista C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
Windows XP C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Start Menu\Programs\Startup

スタートアップ フォルダについて

スタートアップフォルダに .exe ファイル(のショートカット)やテキストファイルなどのコンテンツファイルを入れておくと Windows 起動後にそのファイルを自動起動するようになります。.exe ファイル以外のファイルを入れている場合は関連するアプリケーションで起動されます。

Windows 8 のスタートアップの挙動について

Windows 8 の場合は最初のスタートメニュー(モダン形式) が表示されたときではなく、デスクトップが表示されたときに実行されます。

Windows 8 スタートアップ フォルダについて

Windows 8 の場合、Windows 7 以前のようにスタートメニューからスタートアップフォルダが開けなくなっているため、エクスプローラーから直接フォルダを開く必要があります。

AppData フォルダについて

Windows Vista 以降の AppData フォルダが初期設定では見えないようになっています。Windows Vista, Windows 7 では「フォルダ オプション」から「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れます。

フォルダ オプション すべてのファイルとフォルダを表示する

Windows 8 の場合はエクスプローラーのメニューから「隠しファイル」にチェックを入れます。

隠しファイル