Windows (デスクトップ) 向けの MonoGame プロジェクトの作成

概要

Windows (デスクトップ) で動作するゲームを作成するためのプロジェクトを作成する手順について説明します。

動作環境

Windows
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows 8.1
  • Windows 10
Visual Studio
  • Visual Studio 2010
  • Visual Studio 2012
  • Visual Studio 2013
  • Visual Studio 2015
MonoGame MonoGame 3.4

動作確認環境

Windows Windows 8.1
Visual Studio Visual Studio 2013
MonoGame MonoGame 3.4

内容

MonoGame は Visual Studio のコンポーネントとして追加された形になりますので、開発は基本的に Visual Studio で行うことになります。

Visual Studio を起動し、「新しいプロジェクト」を作成します。

新しいプロジェクトを作成

MonoGame はプログラミング言語が「C#」にしか対応していませんので、左のツリーから「C#」を選択し、「MonoGame」を選択します。

今回は Windows デスクトップ向けのゲームプロジェクトを作成しますので、真ん中のリストから「MonoGame Windows Project」を選択します。他のプラットフォーム、フレームワークを選択したい場合は他のプロジェクトを選択することになります。

下の欄にプロジェクトの名前と作成場所を入力し「OK」ボタンで作成します。

MonoGame プロジェクトの選択と作成

作成されたプロジェクトの構成は図のようになっています。MonoGame は XNA Game Studio をベースとしているので、XNA Game Studio のプロジェクト構成とあまり違いはありません。一部は MonoGame 用の構成になっています。

作成されたプロジェクトの構成

「Game1.cs」ファイルを開いた図になります。コードは XNA Game Studio のプロジェクトを作成したときとほぼ同じになります。クラスなどもほぼ同じなので経験者ならすぐに開発に取り掛かれるはずです。

「Game1.cs」の中身

今回はプロジェクトを作成するだけなので、とりあえずそのまま実行してみます。

開始ボタンクリック

ウィンドウが表示されゲーム画面が表示されました。初期コードでは背景色をクリアしているだけなので、これからゲームロジックを組み込んでいくことになります。

実行されたゲーム画面