Excel で印刷時の改ページの下部ラインに自動的に枠線を設定する (条件付き書式 編)

概要

Excel で作成した印刷用の資料で各ページの上下左右に枠線を表示させたい場合があると思います。上部、左右については改ページされていても常に枠線を設定しておくことが可能ですが (行挿入しても左右の線は自動的に設定される)、各ページの下部に枠線を入れるには各ページごとに改ページのライン位置に枠線を設定しなくてはなりません。ですが、実際にやってみるといろいろと面倒なことがわかります。

  • ページが増えるごとに枠線を設定しないといけない
  • ブックの表示で改ページプレビューだと枠線がきちんと設定されているか見えにくい
  • 上のページで行がずれたりするとそれ以降のページの枠線をすべて直さないといけない
  • 印刷の余白や印刷幅を変更するとすべての枠線を修正しなければいけない
  • マクロでもできるけど、Excel 2007 以降の形式だとファイルの拡張子を変更しないといけない

ページ下部に罫線
改ページの部分に罫線を設定しても…

罫線がずれる
上の行で挿入を行うと罫線がずれる

ここでは下部の枠線を意識せずに自働的に枠線を設定する方法を、条件付き書式を使う方法で設定手順を説明します。

動作環境

Excel
  • Excel 2007
  • Excel 2010
  • Excel 2013

動作確認環境

Excel
  • Excel 2010
  • Excel 2013

内容

前提条件

まず初めに今回の対処方法には前提条件があります。以下の条件に当てはまることを確認してください。

  • 全ての行の高さが完全に一致していること

手順

印刷プレビュー、改ページプレビューなどで1ページあたりの印刷行数を調べます (ページヘッダーがある場合は1ページ目と2ページ目以降で行数が異なるので2ページ目以降を参考にすること)。 確認するにはファイルメニューからいったん印刷プレビューを表示させてみます。

印刷プレビュー

セルビューに戻ると1ページの範囲が点線でわかるように表示されます。この例ではヘッダーなしで1ページ59行あることになります。

印刷範囲

「A1」セルを選択します。

A1セル選択

「ホーム」メニュータブを選択し「条件付き書式」から「ルールの管理」を選択します。

ルールの選択

「新規ルール」をクリックします。

新規ルール

ルールから「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

数式を使用して、書式設定するセルを決定

数式欄に「=MOD(ROW()-<ヘッダの行数>,<1ページ当たりの行数>)=0」と入力します。(<>の箇所を任意の数値に設定)

数式

右下の「書式」ボタンをクリックします。

書式

「罫線」タブから印刷時に表示させる下線を設定します。

下線

作成したルールの適用先を印刷範囲全体にします。例えば「=A1:<シートの左下のセル>」とします。(<>の箇所を任意の値に設定)

適用先

印刷プレビューを見てみると、各ページの下に罫線が表示されることが確認できると思います。

印刷プレビュー