マクロ実行中の画面のちらつきを抑える

動作環境

Excel Excel 2013

動作確認環境

Excel Excel 2013

内容

VBA(マクロ)でセルの値を更新したりアクティブシートを何度も変更、また、外部 Excel ファイルを開くなどすると Excel の画面が処理に合わせて動作するため、ちらつきに近い現象が発生することがあります。なにか処理されていることはわかるのですが、高速に処理されるのであまり目にはよくありません。この現象を止めるには、処理中に画面の更新を止めてしまう方法があります。

画面の更新可否の制御は「Application.ScreenUpdating」プロパティで行えます。False を設定すると画面に更新が止まり、True を設定しなおすことによって画面の更新を再開します。画面の更新を止めることは処理に高速化にもつながりますので是非試してみてください。

' 画面の更新処理を止める
Application.ScreenUpdating = False

' ※ここに画面が更新される処理を記述する

' 画面の更新処理を再開する
Application.ScreenUpdating = True