Excel でテーブルとして書式設定を解除

動作環境

Excel
  • Excel 2007
  • Excel 2010
  • Excel 2013

動作確認環境

Excel
  • Excel 2007
  • Excel 2010
  • Excel 2013

内容

選択しているセル範囲に対して「テーブルとして書式設定」を使うと、特殊なテーブル形式のセルとして使用できるようになり、見た目がきれいになる、範囲選択が楽になる、フィルターがかけられる、集計がしやすくなるなどメリットがあります。

テーブルとして書式設定 書式設定されたセル

セルを範囲選択して書式設定を行えば簡単に設定できますが、ここでは設定の解除について説明します。

まず書式設定を解除したいテーブルを選択します。範囲でなく単一セルでも構いません。

メニュータブに「デザイン」が追加されるので選択します。

デザインタブを選択

メニューの中の「ツール」グループから「範囲に変換」を選択します。

範囲に変換を選択

確認ダイアログが表示されるので「はい」を選択します。

確認ダイアログではいを選択

テーブルとして書式設定が解除されます。セルを選択してもデザインタブが表示されません。

テーブルとして書式設定が解除

あくまでもテーブルとしての書式設定が解除されるだけなので、文字色や背景色などは手動で再設定しなおす必要があります。