Project Linker 2012 を Visual Studio 2013 で使用する

概要

※注意:ここに記載している手順は正式サポートされているわけではありませんので、実行される方は不具合等が発生した場合でも自己責任でお願いします。

Project Linker とはどういったものか、については「Project Linker を使用して複数のプロジェクトでソースコードを共有する」のページで紹介してあります。

しかし、現在 Project Linker が対応している Visual Studio のバージョンは 2014/01/14 時点で 2012 のみとなっており、Visual Studio 2013 にはインストールできません。しかし、互換性がないわけではなく、Project Linker 2012 のインストール対象が Visual Studio 2012 だけになっているだけなので Visual Studio 2013 でも動作させることが可能です。

ここでは、Project Linker 2012 を Visual Studio 2013 にインストールする方法について説明します。

動作環境

Visual Studio
  • Visual Studio 2013 Professional
  • Visual Studio 2013 Premium
  • Visual Studio 2013 Ultimate
Project Linker Project Linker 2012

動作確認環境

Visual Studio Visual Studio 2013 Professional
Project Linker Project Linker 2012

内容

ここでの説明は Project Linker 2012 を Visual Studio 2013 にインストールするまでのものとなります。Project Linker の使い方については「Project Linker を使用して複数のプロジェクトでソースコードを共有する」を参照してください。

以下のサイトにアクセスし、Project Linker 2012 をダウンロードします。

Project Linker 2012 をダウンロード

ファイルがダウンロードされます。

ProjectLinker.vsix

このファイルの拡張子を「.zip」に変更します。実体は ZIP ファイルなので展開して中身を取り出せます。

zip ファイルに変更

ZIP ファイルを展開したら「extension.vsixmanifest」ファイルをテキストエディタで開きます。UTF-8 ファイルを編集できるメモ帳などを使用してください。

extension.vsixmanifest ファイルを開く

ファイルを開いたら「InstallationTarget」の行を探します。

InstallationTarget

その行の Version の値を「12.0」に変更します。12.0 は Visual Studio 2013 の内部バージョンです。

12.0 に変更

変更したら保存します。その後、先ほど展開したすべてのファイルを再度 ZIP ファイルにまとめてください。その際、すべてのファイルがルート直下になるようにしてください。フォルダを1階層はさむと正常にインストールできなくなります。

すべてのファイルを ZIP ファイルにまとめる

拡張子を「.vsix」に変更します。

拡張子を「.vsix」に変更

あとはダブルクリックしてインストールするだけです。インストール対象の Visual Studio のバージョンが 2013 になっていることがわかります。

Visual Studio 2013 にインストール可能

インストールが完了したら閉じてください。Project Linker の使い方は Visual Studio 2013 でも 2012 と同じになります。

インストール完了