Windows Server 2012 のネットワーク共有をパブリックからプライベートに変更する

動作環境

Windows Server Windows Server 2012

動作確認環境

Windows Server Windows Server 2012

内容

Windows Server 2012 をインストールし、ネットワークの構成を見てみると、ネットワークがパブリックになっている場合があります。パブリック ネットワークになっている場合、公共ネットワークに接続されていることを想定し、可能な限り外部からのアクセスを遮断するようセキュリティが設定されます。

しかし、イントラネットワークなど、サーバーにリモートデスクトップなどで接続したい場合にはこの設定では不便です。

パブリック ネットワーク

この設定を変更するには以下の手順を行います。

マウスをデスクトップの右上か右下にもっていきチャームを表示させます。そして「設定」を選択します。

チャーム - 設定

いくつか項目が表示されるので、下の項目から「ネットワーク」を選択します。

ネットワーク

「ネットワーク 接続済済み」を右クリックして「共有のオン/オフを切り替える」を選択します。

共有のオン/オフを切り替える

「はい、共有をオンにしてデバイスに接続します」を選択します。

はい、共有をオンにしてデバイスに接続します

するとネットワークが「プライベート ネットワーク」に変更されたことがわかります。

プライベート ネットワーク

ちなみに「いいえ、共有をオンにせずデバイスに接続しません」を選択するとパブリック ネットワークに戻ります。