Windows 10 環境においての Windows Update のインストール方法を変更する

概要

※ここで紹介している内容は確実な動作を保証しているものではありませんので、自己責任の範囲で行ってください。

Windows 10 において Windows Update は基本的に「自動的に更新プログラムをダウンロードする」「自動的にインストールする」「自動的に再起動する」の構成しか選べないようになっています。再起動については時間を指定することはできますが、自動的に再起動しないようにすることはできません。

Windows Update で選択できる標準のインストール方法

ここでは従来の OS のように「自動的に Windows Update を行わない」「通知のみにする」「更新プログラムのダウンロードまでを自動的に行う」などを指定できるように設定する手順を説明します。

※ここで設定が可能な Windows 10 のエディションは Pro のみです。Home ではできません。Enterprise もできますが、大抵は企業管理で使用する環境なので、個別に設定する意味はあまりありません。

動作環境

Windows
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise

動作確認環境

Windows Windows 10 Pro

内容

 スタートメニューの右にある検索欄から「gpedit.msc」と入力して表示された「gpedit.msc」を開きます。

gpedit.msc を選択

「ローカル グループ ポリシー エディター」が開いたら、左の一覧から「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」を展開し「Windows Update」を選択します。

選択後右に表示される一覧から「自動更新を構成する」をダブルクリックして開きます。

「自動更新を構成する」を開く

画面が表示されたら、左上のラジオボタンから「有効」を選択します。

下の項目が選択可能になるので、自動更新の構成から設定したいインストール方法を選択します。ここでは「2.ダウンロードとインストールを通知」に設定しています。

インストール方法を選択

設定が終わったら Windows を再起動します。

では、きちんと設定されているか確認してみます。スタートメニューから「設定」を選択します。

「設定」を選択

「更新とセキュリティ」を選択します。

「更新とセキュリティ」を選択

左の一覧から「Windows Update」を選択し、下にある「詳細オプション」を選択します。

「Windows Update」「詳細オプション」を選択

インストール方法が変更できなくなっていますが、表示が先ほど選択したインストール方法に変わっていることが確認できます。

インストール方法に変わっている

Windows Update の画面を開くと、更新プログラムがダウンロードの段階から手動になっていることがわかります。

Windows Update が手動になっている

この設定により更新プログラムのインストールをユーザーのタイミングに委ねられるようになりますが、セキュリティにかかわる部分もありますので、Windows Update は忘れずに行うようにしましょう。