リモートデスクトップによる接続を行うための設定

概要

Windows に標準で搭載されているツール「リモート デスクトップ 接続」でリモート接続を行うための接続先の設定方法について説明しています。ここでは各 OS ごとの設定について説明しています。

リモートデスクトップ

動作環境

Windows
  • Windows XP Professional
  • Windows Vista Bisiness
  • Windows 7 Professional
  • Windows 8 Pro
  • Windows 8.1 Pro
Windows Server
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2003 R2
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2

動作確認環境

Windows
  • Windows XP Professional
  • Windows Vista Bisiness
  • Windows 7 Professional
  • Windows 8 Pro
  • Windows 8.1 Pro
Windows Server
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2003 R2
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2

内容

Windows バージョン

Windows 8.1

スタートボタンを右クリックして「システム」を選択します。

スタートメニュー - システム

「リモートの設定」を選択します。

リモートの設定

「このコンピューターへのリモート接続を許可する」にチェックを入れます。

Windows 8

画面の右下にマウスポインタを移動し、チャームから「設定」を選択します。

チャーム - 設定

「PC 情報」を選択します。

PC 情報

「リモートの接続」を選択します。

リモートの接続

「このコンピューターへのリモート接続を許可する」にチェックを入れます。

このコンピューターへのリモート接続を許可する

Windows 7

スタートメニューから「コンピューター」を右クリックし「プロパティ」を選択します。

コンピューター - プロパティ

システムウインドウが表示されたら「リモートの設定」をクリックします。

リモートの設定

システムのプロパティダイアログが表示されたら「リモート」タブが選択されていることを確認し「ネットワーク レベル認証でリモート デスクチップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する」にチェックを入れ OK ボタンをクリックします。

リモート - ネットワーク レベル認証でリモート デスクチップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する

Windows Vista

スタートメニューから「コンピュータ」を右クリックし「プロパティ」を選択します。

コンピュータ - プロパティ

システムウインドウが表示されたら「リモートの設定」をクリックします。

リモートの設定

ユーザー アカウント制御ダイアログが表示されたら「続行」ボタンをクリックします。

ユーザー アカウント制御ダイアログ

システムのプロパティダイアログが表示されたら「リモート」タブが選択されていることを確認し「ネットワーク レベル認証でリモート デスクチップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する」にチェックを入れ OK ボタンをクリックします。

リモート - ネットワーク レベル認証でリモート デスクチップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する

Windows XP

スタートメニューから「マイ コンピュータ」を右クリックし「プロパティ」を選択します。

マイ コンピュータ - プロパティ

システムのプロパティダイアログが表示されたら「リモート」タブを選択し「このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する」にチェックを入れて OK ボタンをクリックします。

リモート接続の許可

Windows Server 2012 R2

スタートボタンを右クリックして「システム」を選択します。

スタートメニュー - システム

「リモートの設定」を選択します。

リモートの設定

「このコンピューターへのリモート接続を許可する」を選択します。

ダイアログが表示されたら「OK」ボタンをクリックします。

リモート デスクトップ接続

「OK」ボタンを押して確定します。

OK

Windows Server 2012

マウスポインタを画面右下に移動させ、チャームから「設定」を選択します。

チャーム - 設定

「サーバー情報」を選択します。

サーバー情報

「リモートの設定」を選択します。

リモートの設定

「このコンピューターへのリモート接続を許可する」にチェックを入れます。

このコンピューターへのリモート接続を許可する

ダイアログが表示されるので「OK」ボタンをクリックします。

リモート デスクトップ接続

「OK」ボタンをクリックします。

OK

この状態でもIPアドレスでリモート接続が可能ですが、プライベートネットワークの設定でコンピューター名で接続できない場合があります。その場合は以下の設定を行います。

チャームを開き「設定」を選択します。

チャーム - 設定

「ネットワーク」を選択します。

ネットワーク

「ネットワーク」を右クリックし「共有のオン/オフを切り替える」を選択します。

共有のオン/オフを切り替える

「はい、共有をオンにしてデバイスに接続します」を選択します。

はい、共有をオンにしてデバイスに接続します

Windows Server 2008 R2

スタートメニューから「コンピュータ」を右クリックし「プロパティ」を選択します。

コンピュータ - プロパティ

システムウインドウが表示されたら「リモートの設定」をクリックします。

リモートの設定

システムのプロパティダイアログが表示されたら「リモート」タブが選択されていることを確認し、「ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する」にチェックを入れ OK ボタンをクリックします。

リモート - ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する

図のようなダイアログが表示されますが OK ボタンをクリックして閉じます。

リモート デスクトップ接続

Windows Server 2008 R2 ではデフォルトでネットワーク探索が有効になっていないので有効に設定します。(他の PC から見つからない状態)

スタートメニューから「ネットワーク」を選択します。

ネットワーク

ウインドウ上部にバーが表示されるのでクリックして「ネットワーク探索とファイル共有の有効化」を選択します。

ネットワーク探索とファイル共有の有効化

ネットワークの探索とファイル共有ダイアログが表示されたら「いいえ、接続しているネットワークをプライベート ネットワークにします」を選択します。

いいえ、接続しているネットワークをプライベート ネットワークにします

Windows Server 2008

スタートメニューから「コンピュータ」を右クリックし「プロパティ」を選択します。

コンピュータ - プロパティ

システムウインドウが表示されたら「リモートの設定」をクリックします。

リモートの設定

システムのプロパティダイアログが表示されたら「リモート」タブが選択されていることを確認し、「ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する」にチェックを入れ OK ボタンをクリックします。

リモート - ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する

図のようなダイアログが表示されますが OK ボタンをクリックして閉じます。

リモート デスクトップ

Windows Server 2003 R2

スタートメニューから「マイ コンピュータ」を右クリックし「プロパティ」を選択します。

マイ コンピュータ - プロパティ

システムのプロパティダイアログから「リモート」タブを選択し、「このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する」にチェックを入れ OK ボタンをクリックします。

リモート - このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する

初めてチェックした場合は下図のようなダイアログが表示されますが OK ボタンをクリックして閉じます。

リモート セッション

続いてファイアウォールの設定でリモート デスクトップ接続の許可を行います。

スタートメニューから「コントロールパネル」を選択し「Windows ファイアウォール」を選択します。

コントロールパネル

下図のようなダイアログが表示されることがありますが、「はい」を選択します。

Windows ファイアウォール

Windows ファイアウォールダイアログが表示されたら「例外」タブを選択し、「リモート デスクトップ」にチェックを入れて OK ボタンをクリックします。

例外 - リモート デスクトップ

Windows Server 2003

スタートメニューから「マイ コンピュータ」を右クリックし「プロパティ」を選択します。

マイ コンピュータ - プロパティ

システムのプロパティダイアログから「リモート」タブを選択し、「このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する」にチェックを入れ OK ボタンをクリックします。

リモート - このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する

初めてチェックした場合は下図のようなダイアログが表示されますが OK ボタンをクリックして閉じます。

リモート セッション

続いてファイアウォールの設定でリモート デスクトップ接続の許可を行います。

スタートメニューから「コントロールパネル」を選択し「Windows ファイアウォール」を選択します。

コントロールパネル - Windows ファイアウォール

Windows ファイアウォールダイアログが表示されたら「例外」タブを選択し、「リモート デスクトップ」にチェックを入れて OK ボタンをクリックします。

例外 - リモート デスクトップ

メモ

リモートデスクトップで接続ができないときは

  • 接続先の OS が対象エディションであるか確認。(特に XP, Vista, 7, 8, 8.1)
  • コンピューター名で繋がらないときは IP アドレスで試す
     ⇒ 繋がれば DNS の問題、またはリモート先PCのネットワーク設定の問題
  • 接続先に Ping を飛ばしてみる
     ⇒ 繋がらなければネットワークの問題 (ただし接続先が Ping を拒否している場合もあるので注意)
  • 接続先のコンピューター名を設定しているか (特に Windows Server 系は OS インストール時にコンピューター名を設定しないので、デフォルトの名前のままになっている場合がある)