概要・機能紹介

概要

「Windows フォームカラーデザイナー」は Visual Studio での開発における Windows フォームアプリケーションの各フォームやコントロールのカラーデザインを編集するためのツールです。Windows フォームアプリケーション向けのツールですが、編集したカラーは XML やプログラムコードなどにエクスポートできるため、利用先を問わず使うことができます。

機能

設定した色をプレビューで即座に確認できる

画面には Windows フォームで使用できる各種コントロールが配置されており、色の変更を行うと直ちに対応したコントロールの色が変化するようになっています。

数種類の色入力コントロールを用意

色の入力は数種類の入力方法を用意しており、RGB の他、HSL、色名選択、カラーサークル、アルファ、明度、スポイトを用意しています。使いやすいものを使用して色を設定してみてください。

色入力コントロール

ProfessionalColorTable に対応

Windows フォームアプリケーションのコントロールとして用意されている ToolStrip 系のコントロールには Renderer があり、ProfessionalColorTable を継承したクラスに色を指定することによって簡単にグラデーションなどの色を設定できる機能があります。

プレビューでも対応しているため、どういった表示になるかを確認しながら色を設定することができます。

設定した色を好きな形式のファイルにエクスポート

作成した色一覧はテキストファイルにエクスポートできます。どのような形式で出力するかはエクスポートテンプレートを定義することによって自由な形式で出力することができます。

例えば、XML や JSON、CSV、さらにはプログラムコードなどに出力することも可能です。

独自の色を追加

通常はコントロールに合わせた色を作成していきますが、それ以外にも自由に色を追加できるので、コントロールの色とは関係ない色一覧を作成することもできます。

データの自動保存

「Windows フォームカラーデザイナー」は全ての操作が自動的に保存されます。特に保存作業はいりません。