入力検証時に表示される既定のメッセージの多言語対応を行う

Page updated :

The page you are currently viewing does not support the selected display language.

環境

ASP.NET Core
  • 5.0 MVC

はじめに

本 Tips によるデフォルトの入力検証メッセージの多言語対応は完全ではない可能性があります。 不足しているものについては各々で対処お願いします。

また、セッション状態やキャッシュの状態によって言語を変更しても前の言語のテキストで表示される場合があります。

デフォルトの入力検証メッセージの変更方法は複数あり、それぞれ組み合わせることによって対応可能となります。 どれかひとつ、というわけではありませんので確実に変更したい場合は全てのパターンで対応する必要があります。

前提

本 Tips は以下の Tips の内容を理解しているものとして記載しています。

また、新規でプロジェクトを作成する場合は、上記 Tips を参考に以下のファイルやコードを追加済みであることとします。

  • SharedResource.resx (+ en, es) ファイルの作成。(本 Tips のメッセージだけ翻訳するので中身は空でよい)
  • SharedResource.cs ファイルの作成
  • Startup.ConfigureServices にローカライズのコード追加
  • Startup.Configure にローカライズのコード追加
  • UserViewModel の追加 (今回はデフォルトのメッセージを多言語対応するため明示的なキー指定は行いません)
  • ユーザー作成画面のアクションとビュー (Create.cshtml) を追加

開始時のコード

上記の前提を踏まえ、各コードは以下のようになっているものとします。

Startup.cs
using Microsoft.AspNetCore.Builder;
using Microsoft.AspNetCore.Hosting;
using Microsoft.AspNetCore.Localization;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc.Razor;
using Microsoft.Extensions.Configuration;
using Microsoft.Extensions.DependencyInjection;
using Microsoft.Extensions.Hosting;
using System.Globalization;

namespace LocalizationDefaultValidation
{
  public class Startup
  {
    // 省略

    public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
    {
      services.AddControllersWithViews();

      services.AddMvc()
        // ローカライズに必要。Resx ファイルのフォルダパスを指定
        .AddViewLocalization(LanguageViewLocationExpanderFormat.Suffix, opts => { opts.ResourcesPath = "Resources"; })
        // DataAnnotations のローカライズに必要
        .AddDataAnnotationsLocalization(options =>
        {
          // DataAnnotation を使ったときのメッセージは SharedResource に集約する
          options.DataAnnotationLocalizerProvider = (type, factory) => factory.Create(typeof(SharedResource));
        });
    }

    public void Configure(IApplicationBuilder app, IWebHostEnvironment env)
    {
      if (env.IsDevelopment())
      {
        app.UseDeveloperExceptionPage();
      }
      else
      {
        app.UseExceptionHandler("/Home/Error");
        // The default HSTS value is 30 days. You may want to change this for production scenarios, see https://aka.ms/aspnetcore-hsts.
        app.UseHsts();
      }

      // 標準の機能で切り替えたい言語を定義します。
      var supportedCultures = new[]
      {
        new CultureInfo("ja"),
        new CultureInfo("en"),
        new CultureInfo("es"),
      };

      // 標準の言語切り替え機能を有効にします。対応しているのは「クエリ文字列」「Cookie」「Accept-Language HTTP ヘッダー」です。
      app.UseRequestLocalization(new RequestLocalizationOptions
      {
        DefaultRequestCulture = new RequestCulture("ja"),
        SupportedCultures = supportedCultures,
        SupportedUICultures = supportedCultures
      });

      app.UseHttpsRedirection();
      app.UseStaticFiles();

      // 省略
    }
  }
}
HomeController.cs
using LocalizationDefaultValidation.Models;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering;
using Microsoft.Extensions.Logging;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Diagnostics;
using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;

namespace LocalizationDefaultValidation.Controllers
{
  public class HomeController : Controller
  {
    // 省略

    public IActionResult Create()
    {
      SetDayOfWeeksViewData();
      return View();
    }

    [HttpPost]
    public IActionResult Create(UserViewModel model)
    {
      SetDayOfWeeksViewData();

      // エラーなら差し戻し
      if (ModelState.IsValid == false) return View(model);

      // 正常に登録できた場合は Index に戻る
      return RedirectToAction(nameof(Index));
    }

    /// <summary>曜日の一覧を ViewData に設定します。</summary>
    private void SetDayOfWeeksViewData()
      => ViewData["DayOfWeeks"] = ((DayOfWeek[])Enum.GetValues(typeof(DayOfWeek))).Select(x => new SelectListItem(x.ToString(), ((int)x).ToString()));
  }
}
Index.cshtml
@{
  ViewData["Title"] = "Home Page";
}

<div class="text-center">
  <h1 class="display-4">Welcome</h1>
  <p>Learn about <a href="https://docs.microsoft.com/aspnet/core">building Web apps with ASP.NET Core</a>.</p>
</div>

<p>ユーザー作成画面に遷移します。リンクごとに選択した言語で表示できます。</p>
<ul>
  <li><a asp-action="Create">Create</a></li>
  <li><a asp-action="Create" asp-route-culture="ja">Create (ja)</a></li>
  <li><a asp-action="Create" asp-route-culture="en">Create (en)</a></li>
  <li><a asp-action="Create" asp-route-culture="es">Create (es)</a></li>
</ul>
Create.cshtml
@model LocalizationDefaultValidation.Models.UserViewModel
@using System.Globalization;
@{
  ViewData["Title"] = "Create";
}

<h1>Create</h1>

<h4>UserViewModel</h4>
<hr />
<div class="row">
  <div class="col-md-4">
    <form asp-action="Create" enctype="multipart/form-data" >
      <div asp-validation-summary="ModelOnly" class="text-danger"></div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="ID" class="control-label"></label>
        <input asp-for="ID" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="ID" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Name" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Name" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="Name" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Password" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Password" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="Password" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="ConfirmPassword" class="control-label"></label>
        <input asp-for="ConfirmPassword" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="ConfirmPassword" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Email" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Email" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="Email" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Age" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Age" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="Age" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Gender"></label>
        <div>
          <label><input type="radio" asp-for="Gender" value="@(GenderType.None)" />@(GenderType.None)</label>
          <label><input type="radio" asp-for="Gender" value="@(GenderType.Man)" />@(GenderType.Man)</label>
          <label><input type="radio" asp-for="Gender" value="@(GenderType.Woman)" />@(GenderType.Woman)</label>
        </div>
        <span asp-validation-for="Gender" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Birthday" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Birthday" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="Birthday" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Phone" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Phone" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="Phone" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="PostalCode" class="control-label"></label>
        <input asp-for="PostalCode" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="PostalCode" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="CreditCard" class="control-label"></label>
        <input asp-for="CreditCard" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="CreditCard" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Money" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Money" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="Money" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="StartDateTime" class="control-label"></label>
        <input asp-for="StartDateTime" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="StartDateTime" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="WakeUpTime" class="control-label"></label>
        <input asp-for="WakeUpTime" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="WakeUpTime" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Homepage" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Homepage" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="Homepage" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="MyImage" class="control-label"></label>
        <input asp-for="MyImage" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="MyImage" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="MyColor" class="control-label"></label>
        <input asp-for="MyColor" class="form-control" type="color" />
        <span asp-validation-for="MyColor" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="WorkingDays" class="control-label"></label>
        <select asp-for="WorkingDays" class="form-control" asp-items="@((IEnumerable<SelectListItem>)ViewData["DayOfWeeks"])" multiple></select>
        <span asp-validation-for="WorkingDays" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="VacationDay" class="control-label"></label>
        <select asp-for="VacationDay" class="form-control" asp-items="@((IEnumerable<SelectListItem>)ViewData["DayOfWeeks"])" multiple></select>
        <span asp-validation-for="VacationDay" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Comment" class="control-label"></label>
        <textarea asp-for="Comment" class="form-control"></textarea>
        <span asp-validation-for="Comment" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="FileName" class="control-label"></label>
        <input asp-for="FileName" class="form-control" />
        <span asp-validation-for="FileName" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="UploadFile" class="control-label"></label>
        <input asp-for="UploadFile" type="file" multiple />
        <span asp-validation-for="UploadFile" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Month" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Month" class="form-control" type="month" />
        <span asp-validation-for="Month" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Search" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Search" class="form-control" type="search" />
        <span asp-validation-for="Search" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Range" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Range" class="form-control" type="range" min="10" max="100" />
        <span asp-validation-for="Range" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group">
        <label asp-for="Week" class="control-label"></label>
        <input asp-for="Week" class="form-control" type="week" />
        <span asp-validation-for="Week" class="text-danger"></span>
      </div>
      <div class="form-group form-check">
        <label class="form-check-label">
          <input class="form-check-input" asp-for="IsAccepted" /> @Html.DisplayNameFor(model => model.IsAccepted)
        </label>
      </div>
      <div class="form-group">
        <input type="submit" value="Create" class="btn btn-primary" asp-route-culture="@CultureInfo.CurrentCulture.Name" />
      </div>
    </form>
  </div>
</div>

<div>
  <a asp-action="Index">Back to List</a>
</div>

@section Scripts {
  @{await Html.RenderPartialAsync("_ValidationScriptsPartial");}
}
UserViewModel.cs
using Microsoft.AspNetCore.Http;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;

namespace LocalizationDefaultValidation.Models
{
  public class UserViewModel
  {
    [Required]
    [Display(Name = "ID (半角英数字)")]
    [StringLength(20)]
    [RegularExpression(@"^[0-9a-zA-Z]*$")]
    public string ID { get; set; }

    [StringLength(50)]
    public string Name { get; set; }

    [StringLength(50, MinimumLength = 8)]
    [DataType(DataType.Password)]
    [RegularExpression(@"^[0-9a-zA-Z]*$")]
    public string Password { get; set; }

    [StringLength(50, MinimumLength = 8)]
    [DataType(DataType.Password)]
    [Compare(nameof(Password))]
    public string ConfirmPassword { get; set; }

    [EmailAddress]
    [DataType(DataType.EmailAddress)] // スキャフォールディングするときはコメントアウトする
    public string Email { get; set; }

    //[Int]
    [Range(0, 150)]
    public int Age { get; set; }

    [Required]
    [EnumDataType(typeof(GenderType))]
    public GenderType Gender { get; set; }

    [DataType(DataType.Date)]
    public DateTime Birthday { get; set; }

    [Phone()]
    [DataType(DataType.PhoneNumber)] // スキャフォールディングするときはコメントアウトする
    public string Phone { get; set; }

    [DataType(DataType.PostalCode)]
    public string PostalCode { get; set; }

    [CreditCard()]
    [DataType(DataType.CreditCard)] // スキャフォールディングするときはコメントアウトする
    public string CreditCard { get; set; }

    [DataType(DataType.Currency)]
    public decimal Money { get; set; }

    [DataType(DataType.DateTime)]
    public DateTime StartDateTime { get; set; }

    [DataType(DataType.Time)]
    public TimeSpan WakeUpTime { get; set; }

    [Url]
    [DataType(DataType.Url)] // スキャフォールディングするときはコメントアウトする
    public string Homepage { get; set; }

    [Url]
    [DataType(DataType.ImageUrl)] // スキャフォールディングするときはコメントアウトする
    public string MyImage { get; set; }

    public string MyColor { get; set; }

    [MaxLength(5)]
    public DayOfWeek[] WorkingDays { get; set; }

    [MinLength(3)]
    public DayOfWeek[] VacationDay { get; set; }

    [StringLength(200)]
    [DataType(DataType.MultilineText)]
    public string Comment { get; set; }

    [Display(Name = "ファイル名 (.png)")]
    [FileExtensions(Extensions = "png")]
    public string FileName { get; set; }

    [DataType(DataType.Upload)]
    public List<IFormFile> UploadFile { get; set; }

    public DateTime Month { get; set; }

    public string Search { get; set; }

    [Range(10, 100)]
    public int Range { get; set; }

    public string Week { get; set; }

    [Required]
    public bool IsAccepted { get; set; }
  }

  public enum GenderType
  {
    None,
    Man,
    Woman,
    Other,
  }
}
SharedResource.cs
namespace LocalizationDefaultValidation
{
  // クラス名は作成した .resx のファイル名と同じにする必要がある
  public class SharedResource { }
}

モデルバインドのメッセージ

モデルのプロパティの型を intDateTime に設定してビューにバインドし、未入力で登録しようとすると「The value '' is invalid.」のようなメッセージが表示されます。 これらのメッセージは空の文字列をモデルの int などにバインド出来なかったときに表示されるものです。 バインドできないタイミングなので他の値検証の前、かつサーバー側の処理のみで発生します。

これらのメッセージは DefaultModelBindingMessageProvider として定義されています。

Startup.cs で初めから定義されている services.AddControllersWithViews メソッドの引数に Action を追加し、 引数で渡された optionsModelBindingMessageProvider を設定することで多言語対応できます。

設定できるメッセージは 11 種類あるのでまずあらかじめ以下のように SharedResource.resx にメッセージを定義します。 キーの名前は任意です。コメント列に記載しているのはデフォルトの英文メッセージとなっています (コメントなのでいれなくてもよいです)。 各言語の翻訳までは記載しませんので、翻訳は各自行ってください (一応サンプルコードには翻訳済みの SharedResource.resx も入れています)。

名前 コメント
ModelBinding_AttemptedValueIsInvalid {1}では'{0}'は無効な値です。 The value '{0}' is not valid for {1}.
ModelBinding_MissingBindRequiredValue {0}に対する値が指定されていません。 A value for the '{0}' parameter or property was not provided.
ModelBinding_MissingKeyOrValue 必須です。 A value is required.
ModelBinding_MissingRequestBodyRequiredValue 要求にボディの指定が必須です。 A non-empty request body is required.
ModelBinding_NonPropertyAttemptedValueIsInvalid '{0}'は無効です。 The value '{0}' is not valid.
ModelBinding_NonPropertyUnknownValueIsInvalid 値は無効です。 The supplied value is invalid.
ModelBinding_NonPropertyValueMustBeANumber 数字を指定してください。 The field must be a number.
ModelBinding_UnknownValueIsInvalid {0}の値は無効です。 The supplied value is invalid for {0}.
ModelBinding_ValueIsInvalid '{0}'は無効です。 The value '{0}' is invalid.
ModelBinding_ValueMustBeANumber {0}は数字を指定してください。 The field {0} must be a number.
ModelBinding_ValueMustNotBeNull 必須入力です。 The value '{0}' is invalid.

Startup.cs を以下のように修正します。

using Microsoft.AspNetCore.Builder;
using Microsoft.AspNetCore.Hosting;
using Microsoft.AspNetCore.Localization;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc.Razor;
using Microsoft.Extensions.Configuration;
using Microsoft.Extensions.DependencyInjection;
using Microsoft.Extensions.Hosting;
using Microsoft.Extensions.Localization;
using System;
using System.Globalization;
using System.Reflection;

namespace LocalizationDefaultValidation
{
  public class Startup
  {
    // 省略 (初期コード)

    /// <summary>
    /// 検証メッセージローカライズで使用。
    /// </summary>
    private IServiceProvider ServiceProvider { get; set; }

    private IStringLocalizer _localizer = null;
    /// <summary>
    /// 検証メッセージローカライズで使用。
    /// </summary>
    private IStringLocalizer Localizer
      => _localizer ?? (_localizer = ServiceProvider.GetService<IStringLocalizerFactory>()
               .Create(nameof(SharedResource), new AssemblyName(typeof(SharedResource).Assembly.FullName).Name));

    // このメソッドはランタイムによって呼び出されます。 このメソッドを使用して、コンテナーにサービスを追加します。
    public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
    {
      services.AddControllersWithViews(options =>
      {
        // 検証メッセージのローカライズで使用
        // モデルバインディング失敗時のエラーメッセージをカスタマイズ
        // サーバ側でモデルに値を格納する際に発生する可能性がある
        
        // メッセージの {0} や {1} を置換するための関数を定義
        static string f1(string f, string a1) => string.Format(f, a1);
        static string f2(string f, string a1, string a2) => string.Format(f, a1, a2);

        // 各メソッドを読んでメッセージを置き換えます
        var mp = options.ModelBindingMessageProvider;
        mp.SetAttemptedValueIsInvalidAccessor((x, y) => f2(Localizer["ModelBinding_AttemptedValueIsInvalid"], x, y));
        mp.SetMissingBindRequiredValueAccessor((x) => f1(Localizer["ModelBinding_MissingBindRequiredValue"], x));
        mp.SetMissingKeyOrValueAccessor(() => Localizer["ModelBinding_MissingKeyOrValue"]);
        mp.SetMissingRequestBodyRequiredValueAccessor(() => Localizer["ModelBinding_MissingRequestBodyRequiredValue"]);
        mp.SetNonPropertyAttemptedValueIsInvalidAccessor((x) => f1(Localizer["ModelBinding_NonPropertyAttemptedValueIsInvalid"], x));
        mp.SetNonPropertyUnknownValueIsInvalidAccessor(() => Localizer["ModelBinding_NonPropertyUnknownValueIsInvalid"]);
        mp.SetNonPropertyValueMustBeANumberAccessor(() => Localizer["ModelBinding_NonPropertyValueMustBeANumber"]);
        mp.SetUnknownValueIsInvalidAccessor((x) => f1(Localizer["ModelBinding_UnknownValueIsInvalid"], x));
        mp.SetValueIsInvalidAccessor((x) => f1(Localizer["ModelBinding_ValueIsInvalid"], x));
        mp.SetValueMustBeANumberAccessor((x) => f1(Localizer["ModelBinding_ValueMustBeANumber"], x));
        mp.SetValueMustNotBeNullAccessor((x) => f1(Localizer["ModelBinding_ValueMustNotBeNull"], x));
      });

      services.AddMvc()
        // ローカライズに必要。Resx ファイルのフォルダパスを指定
        .AddViewLocalization(LanguageViewLocationExpanderFormat.Suffix, opts => { opts.ResourcesPath = "Resources"; })
        // DataAnnotations のローカライズに必要
        .AddDataAnnotationsLocalization(options =>
        {
          // DataAnnotation を使ったときのメッセージは SharedResource に集約する
          options.DataAnnotationLocalizerProvider = (type, factory) => factory.Create(typeof(SharedResource));
        });
    }

    // このメソッドはランタイムによって呼び出されます。 このメソッドを使用して、HTTP要求パイプラインを構成します。
    public void Configure(IApplicationBuilder app, IWebHostEnvironment env)
    {
      // ローカライズで使用するため IServiceProvider をプロパティに保持しておきます。
      ServiceProvider = app.ApplicationServices;

      // 標準の機能で切り替えたい言語を定義します。
      var supportedCultures = new[]
      {
        new CultureInfo("ja"),
        new CultureInfo("en"),
        new CultureInfo("es"),
      };

      // 標準の言語切り替え機能を有効にします。対応しているのは「クエリ文字列」「Cookie」「Accept-Language HTTP ヘッダー」です。
      app.UseRequestLocalization(new RequestLocalizationOptions
      {
        DefaultRequestCulture = new RequestCulture("ja"),
        SupportedCultures = supportedCultures,
        SupportedUICultures = supportedCultures
      });

      // 省略 (初期コード)
    }
  }
}

キーとなるポイントは services.AddControllersWithViews メソッドに option を受け取る Action を追加し、 options.ModelBindingMessageProvider の各 Set メソッドにローカライズしたテキストを設定しているところです。

翻訳したテキストは IStringLocalizer から取得していますが、 直接 IStringLocalizer を受け取る手段がないため少し回りくどいコードになっています。 SharedResource.resx からコードを生成している場合はそこから直接ローカライズした値を取得するもの手です。

IStringLocalizer に指定するキーは SharedResource.resx に追加したキーを指定します。 各 Set メソッドの内容とあうように設定してください。

また、各メッセージには {0}{1} のように書式文字列の引数があるので、受け取った値を置換できるように string.Format を使用した簡易 Func を使用しています。

既定の検証メッセージのローカライズ

モデルのプロパティの属性に RequiredStringLength 等をつけた場合のデフォルトのエラーメッセージはフレームワークで決められており基本的には英語になっています。

これらについては IValidationAttributeAdapterProvider インターフェースを派生させたクラスを定義することによってローカライズすることができます。

まずは SharedResource.resx に多言語対応させたテキストを登録しておきます。 キーの名前は任意なのですが、プログラムを簡略化するために「Validator_<検証属性名>」という形式で登録します。

名前 コメント
Validator_CompareAttribute {0}と{1}が一致しません。 '{0}' and '{1}' do not match.
Validator_CreditCardAttribute {0}は有効なカード番号ではありません。 The {0} field is not a valid credit card number.
Validator_DataTypeAttribute_Date 有効な日付を入力してください。 Please enter a valid date.
Validator_EmailAddressAttribute {0}は有効なメールアドレスではありません。 The {0} field is not a valid e-mail address.
Validator_FileExtensionsAttribute {0} は、次の拡張子を持つファイルのみを受け入れます。: {1} The {0} field only accepts files with the following extensions: {1}
Validator_MaxLengthAttribute {0} は、最大長が '{1}' の文字列または配列タイプである必要があります。 The field {0} must be a string or array type with a maximum length of '{1}'.
Validator_MinLengthAttribute {0} は、最小長が '{1}' の文字列または配列タイプである必要があります。 The field {0} must be a string or array type with a minimum length of '{1}'.
Validator_PhoneAttribute {0}は有効な電話番号ではありません。 The {0} field is not a valid phone number.
Validator_RangeAttribute {0}は{1}から{2}の範囲で指定してください。 The field {0} must be between {1} and {2}.
Validator_RegularExpressionAttribute {0}は正規表現'{1}'に一致するように指定してください。 The field {0} must match the regular expression '{1}'.
Validator_RequiredAttribute {0}は必須です。 The {0} field is required.
Validator_StringLengthAttribute {0}は{1}桁以内で指定してください。 The field {0} must be a string with a maximum length of {1}.
Validator_UrlAttribute {0}は有効なURLではありません。 The {0} field is not a valid fully-qualified http, https, or ftp URL.
Validator_StringLengthAttributeWithMin {0}は{2}桁以上{1}桁以内で指定してください。 The field {0} must be a string with a maximum length of {1} and a minimum length of {2}.

次に以下の AdapterProvider クラスを作成します。

クラス名は任意ですが、今回は CustomValidationAttributeAdapterProvider というクラスを作成し以下のようにコードを作成します。 コードファイルの場所は任意ですがサンプルでは Adapter というフォルダに入れています。

using Microsoft.AspNetCore.Mvc.DataAnnotations;
using Microsoft.Extensions.Localization;
using System;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;

namespace LocalizationDefaultValidation
{
  public class CustomValidationAttributeAdapterProvider : IValidationAttributeAdapterProvider
  {
    /// <summary>コード簡略化のためのリソースキー命名規則プリフィックス</summary>
    private const string RESOURCE_KEY_PREFIX = "Validator_";

    private readonly IValidationAttributeAdapterProvider _fallback = new ValidationAttributeAdapterProvider();

    /// <summary>
    /// 指定された ValidationAttribute の IAttributeAdapter を返します。
    /// </summary>
    /// <param name="attribute">IAttributeAdapter を作成するための ValidationAttribute。</param>
    /// <param name="stringLocalizer">メッセージの作成に使用される IStringLocalizer。</param>
    /// <returns>指定された属性の IAttributeAdapter。</returns>
    IAttributeAdapter IValidationAttributeAdapterProvider.GetAttributeAdapter(ValidationAttribute attribute, IStringLocalizer stringLocalizer)
    {
      // すでにエラーメッセージが設定されている場合はそれを使用するのでここでは何も設定しない
      if (attribute.ErrorMessageResourceName != null) return _fallback.GetAttributeAdapter(attribute, stringLocalizer);

      // attribute には「Required」や「StringLength」などが設定されています
      Type attrType = attribute.GetType();
      
      // プリフィックスと属性のクラス名からローカライズ用のキーを生成します
      var key = RESOURCE_KEY_PREFIX + attrType.Name;

      // IStringLocalizer から指定したキーでローカライズされたテキストを取得します
      // ない場合は getString にそのまま key の値が入ります
      var getString = stringLocalizer[key];

      // 正しくローカライズされたテキストが取得できた場合は ErrorMessage に値をセットします。
      if (key != getString && attribute.ErrorMessage != getString)
      {
        attribute.ErrorMessage = getString;
      }

      // 設定した attribute を渡します
      return _fallback.GetAttributeAdapter(attribute, stringLocalizer);
    }
  }
}

モデルのプロパティに RequiredStringLength を設定した場合、1検証ごとに IValidationAttributeAdapterProvider.GetAttributeAdapter メソッドが呼ばれます。

ErrorMessageResourceName プロパティに値が入ってる場合モデル側のコードですでにメッセージかローカライズのキーがセットされているのでそのままリターンします。

空の場合はプリフィックスと検証属性のクラス名を合わせてローカライズのキーとし、キーからローカライズされたテキストを取得して ErrorMessage にセットします。 これによりデフォルトのメッセージの大半はローカライズ可能です。

次にこのクラスを Startup.cs で登録します。基本的には以下のように追加すれば OK です。

// 省略

using Microsoft.AspNetCore.Mvc.DataAnnotations;

namespace LocalizationDefaultValidation
{
  public class Startup
  {
    // 省略

    // このメソッドはランタイムによって呼び出されます。 このメソッドを使用して、コンテナーにサービスを追加します。
    public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
    {
      // 省略

      // 作成した CustomValidationAttributeAdapterProvider をシングルトンとして登録します
      services.AddSingleton<IValidationAttributeAdapterProvider, CustomValidationAttributeAdapterProvider>();
    }
    
    // 省略
  }
}

実行して正しく動作しているか確認してください。

既存のメッセージをパラメータによって変える

例えば StringLength 属性のメッセージは「{0}は{1}桁以内で指定してください。」のようにローカライズしていますが、 MinimumLength プロパティが設定されている場合は「{0}は{2}桁以上{1}桁以内で指定してください。」のように変えたい場合があります。

その場合は CustomValidationAttributeAdapterProvider クラスを以下のように拡張します。

// 省略

namespace LocalizationDefaultValidation
{
  public class CustomValidationAttributeAdapterProvider : IValidationAttributeAdapterProvider
  {
    // 省略

    IAttributeAdapter IValidationAttributeAdapterProvider.GetAttributeAdapter(ValidationAttribute attribute, IStringLocalizer stringLocalizer)
    {
      if (attribute is StringLengthAttribute slAttribute)
      {
        // attribute が StringLengthAttribute で MinimumLength が設定されている場合はメッセージを変える
        if (slAttribute.MinimumLength >= 1)
        {
          attribute.ErrorMessage = stringLocalizer["Validator_StringLengthAttributeWithMin"];
          return _fallback.GetAttributeAdapter(slAttribute, stringLocalizer);
        }
      }

      // 省略
    }
  }
}

1つの検証ごとに GetAttributeAdapter メソッドが呼ばれるので渡された attribute 変数が StringLengthAttribute 属性だった場合は MinimumLength プロパティをチェックし、 設定されていた場合は最小桁数も考慮されたメッセージを取得し ErrorMessage を置き換えます。

実行して確認しメッセージが変わっていれば OK です。

そのほかの汎用メッセージ

ここまでの設定を行っても一部のメッセージはローカライズされないものがあります。 例えば Javascript のみで判定されるメッセージなどが対象です。

対象としては jquery.validate.js ファイルに記載されているメッセージが該当します。

このファイルは直接編集すべきではないため、これらのメッセージをローカライズしたテキストに置き換えるには input タグに data-val-XXXX のような属性を追加しそこにローカライズしたテキストを設定する必要があります。 XXXX の部分は上図の jquery.validate.js にあるキーが入ります。(例えば data-val-number など)

data-val-XXXX の属性にローカライズしたテキストをセットするにはサーバー側で HTML を返す時にセットされるようにすれば OK です。

ここでは一例として Age 入力項目に数値以外の文字を入れたときのメッセージをローカライズしてみます。 UserViewModel.Age には Range 属性がついており、出力された HTML では input に data-val-range 属性が付加されています。

<div class="form-group">
  <label class="control-label" for="Age">Age</label>
  <input class="form-control" type="number" data-val="true" data-val-range="Ageは0から150の範囲で指定してください。" data-val-range-max="150" data-val-range-min="0" data-val-required="Ageは必須です。" id="Age" name="Age" value="" />
  <span class="text-danger field-validation-valid" data-valmsg-for="Age" data-valmsg-replace="true"></span>
</div>

しかし data-val-number 属性がないため、数値チェックのメッセージがローカライズされていません。 そこでモデル側で別な属性を追加し、ローカライズされたメッセージが付加された data-val-number 属性も出力するようにします。

まず最初に数値であるかどうかをチェックする以下のような属性クラス IntAttribute を作成します。ここでは int に限定していますが状況に応じて自由に変えて構いません。 コードファイルの場所はどこでも構いませんが、今回は Adapter フォルダに入れています。

using System.ComponentModel.DataAnnotations;

namespace LocalizationDefaultValidation
{
  public class IntAttribute : ValidationAttribute
  {
    public override bool IsValid(object value)
    {
      // 渡された値が int であれば有効な値とする
      return value is int;
    }
  }
}

設定された値が int 型なら正常判定とするだけの属性ですが、実際には int 型のプロパティに設定すれば 100% 正常なのでこのクラスの処理自体は特に意味はありません。 今回の目的はクライアントでローカライズされたエラーメッセージを表示させることです。

続いて以下の Adapter クラス IntAttributeAdapter を作成します。こちらも Adapter フォルダに入れています。

using Microsoft.AspNetCore.Mvc.DataAnnotations;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc.ModelBinding.Validation;
using Microsoft.Extensions.Localization;

namespace LocalizationDefaultValidation
{
  /// <summary>Int 属性のアダプター。</summary>
  public class IntAttributeAdapter : AttributeAdapterBase<IntAttribute>
  {
    /// <summary>受け取った IStringLocalizer を保持しておく</summary>
    IStringLocalizer _stringLocalizer;

    public IntAttributeAdapter(IntAttribute attribute, IStringLocalizer stringLocalizer)
        : base(attribute, stringLocalizer)
    {
      _stringLocalizer = stringLocalizer;
    }

    /// <summary>バリデーションの追加処理として呼ばれる。</summary>
    public override void AddValidation(ClientModelValidationContext context)
    {
      // 新たに data-val-number 属性をマージして追加します。値はローカライズしたテキストをセットします。
      MergeAttribute(context.Attributes, "data-val-number", _stringLocalizer["ModelBinding_NonPropertyValueMustBeANumber"]);
    }

    /// <summary>サーバーのエラーメッセージはそのまま返します。</summary>
    public override string GetErrorMessage(ModelValidationContextBase validationContext) => Attribute.ErrorMessage;
  }
}

ここでのポイントは AddValidation メソッド内に記述している MergeAttribute メソッドです。

クライアントに返す input タグの属性として data-val-number 属性をマージしています。 属性にセットする値はローカライズしたエラーメッセージをセットします。

この作成したアダプターを以前作成した CustomValidationAttributeAdapterProvider クラスで返すようにします。

// 省略

namespace LocalizationDefaultValidation
{
  public class CustomValidationAttributeAdapterProvider : IValidationAttributeAdapterProvider
  {
    // 省略
    
    IAttributeAdapter IValidationAttributeAdapterProvider.GetAttributeAdapter(ValidationAttribute attribute, IStringLocalizer stringLocalizer)
    {
      // IntAttribute の場合は IntAttributeAdapter 経由で返す
      if (attribute is IntAttribute intAttribute)
      {
        return new IntAttributeAdapter(intAttribute, stringLocalizer);
      }

      // 省略 (前に追加したコード)
    }
  }
}

検証する値が IntAttribute だった場合、先ほど作成した IntAttributeAdapter を返すようにします。 これで Int 属性がついたプロパティはクライアント側で表示されるときに data-val-number 属性が追加された状態になります。

最後に UserViewModel.AgeIntAttribute を追加します。

コードを修正したら実行して確認してみてください。

<div class="form-group">
  <label class="control-label" for="Age">Age</label>
  <input class="form-control" type="number" data-val="true" data-val-number="数字を指定してください。" data-val-range="Ageは0から150の範囲で指定してください。" data-val-range-max="150" data-val-range-min="0" data-val-required="Ageは必須です。" id="Age" name="Age" value="" />
  <span class="text-danger field-validation-valid" data-valmsg-for="Age" data-valmsg-replace="true"></span>
</div>

他にもローカライズされていないメッセージがありますが、上記の方法でローカライズが可能です。 必要になったらコードを追加してください。