Windows Server で IIS (Internet Information Services) をセットアップする

Page creation date :

The page you are currently viewing does not support the selected display language.

環境

Windows Server
  • Windows Server 2019
Internet Information Services
  • 10.0

※ 他のバージョンでも動作しますが未確認です。

インストール手順

スタートメニューから「サーバー マネージャー」を起動します。

メニューの管理から「役割と機能の追加」を選択します。

「次へ」を選択します。

「役割ベースまたは機能ベースのインストール」にチェックが入っていることを確認します。

自身のサーバーが選択されていることを確認します。

「Web サーバー (IIS)」にチェックをいれます。

ダイアログが表示されるのでそのまま「機能の追加」ボタンをクリックします。

「機能の選択」の画面では特に追加はしません。

ASP.NET を使用したプログラムを使用する場合は「.NET Framework 4.7」の中にある「ASP.NET 4.7」にチェックをいれますが、ASP.NET Core の場合は不要です。

「次へ」を選択します。

「役割サービスの選択」では使用する Web アプリケーションの機能によっては必要なチェックを追加しますが、後でも追加可能なので現時点で分からなければそのまま「次へ」を選択しても問題ありません。

内容を確認したら「インストール」ボタンをクリックしてインストールを開始します。

インストールが完了したら閉じます。

IIS の動作確認

スタートメニューの「Windows 管理ツール」の中に「インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー」が追加されているので起動します。

IIS マネージャーを起動したら左のツリーから「サーバー」「サイト」を展開し「Default Web Site」を選択します。

右下にある「*.80 (http) 参照」をクリックします。

Web ブラウザが起動し以下のようなページが表示されたら正常に動作しています。

ファイアウォールは自動的に設定されているので、サーバーの外からアクセスしても表示されることを確認します。

ただし、Azure などのクラウドではクラウド側でも HTTP や HTTPS のポートを解放しないと接続できない場合があるので注意してください。