Zune 用のゲームの配布

Page updated :

The page you are currently viewing does not support the selected display language.

概要

作成した Zune 用ゲームの配布方法について説明します。

Zune 用ゲームの配布

内容

Zune 用のゲームを配布してエンドユーザーが Zune にゲームをインストールするには、エンドユーザー側にも Zune の開発環境がインストールされている必要があります。また、Zune 用のゲーム開発時と同じように接続設定も行う必要があります。

基本的には XNA Game Studio ユーザー同士で遊ぶためという位置づけになっていますが、Zune 以外のソフトは無料で入手可能なので設定さえしてもらえば一応他の人にも Zune で遊んでもらうことはできます。

Zune 用のゲームをインストールするには以下の環境がユーザーの環境にインストールされている必要があり、接続設定を行っている必要があります。

配布するファイル(ゲームパッケージ)を作成する

まず、配布するゲームの Zune 用プロジェクトを開きます。

プロジェクトを開く

ツールバーにある「Debug」を「Release」に切り替えましょう。こうすることで、配布するゲームに必要のないデバッグ情報を省いたり、ゲームを最適化してビルドできるようになります

Release モード

ビルドメニューから「ソリューションのリビルド」を選択し、今までのビルド情報を破棄して1からビルドさせるようにします。

通常のビルドでも問題はないと思いますが、まれに以前の状態のままビルドされないファイルがあったりすることがあるので、配布する直前にはリビルドをかけておくことをお勧めします。

ソリューションのリビルド

プロジェクトのリビルドが完了したらビルドメニューから「Package XXXXX as XNA Creators Club Game」を選択します。(XXXXX はプロジェクト名です)

ゲームパッケージの作成

すると以下のフォルダに「XXXXX.ccgame」というファイルが作成されていることがわかります。

  • [プロジェクトフォルダ名]\bin\Zune\Release

これが XNA 用のゲームパッケージで、これをそのまま配布すればOKです。(ただ、サイトによっては「.zip」ファイルなどに別途圧縮しなければいけないところもあるので各自確認してください)

作成されたゲームパッケージ

配布した Zune 用ゲームを実行する

まず、PC と Zune を接続しておき、PC 側で入手した「.ccgame」ファイルをダブルクリックすると、右図のようなダイアログが表示されるので、「Unpack」ボタンをクリックします。

ゲームパッケージ

すると、パッケージ内のゲームが Zune に自動的に配置されます。

ゲームの配置

右のような画面になったら配置完了です。コントロールパッドを押して Zune を再起動してください。

ゲームの配置完了

games を開くとゲームが配置されていることがわかります。

配置されたゲーム

選択すれば実際にゲームで遊ぶことができます。

ゲームの実行