Windows と Xbox360 を接続する

Page updated :

The page you are currently viewing does not support the selected display language.

概要

XNA Game Studio と XNA Game Studio Connect を使用して Windows と Xbox 360 の環境を接続できるようにします。

※2010/10/01 時点では XNA Game Studio 4.0 での Xbox 360 に関係するシステムはすべてβ版であることに注意してください。

XNA Game Studio Connect

動作環境

必須環境

対応 XNA バージョン 4.0
対応プラットフォーム
  • Windows (XP SP3, Vista SP1, 7)
  • Xbox360
Windows 必須頂点シェーダ バージョン
Windows 必須ピクセルシェーダ バージョン

動作確認環境

プラットフォーム Windows 7, Xbox 360

内容

XNA Game Studio Connect を使用して、Windows と Xbox 360 を接続します。事前に以下のセットアップは済ませておいてください。

また、パソコンと Xbox 360 はネットワークでつないでおいてください。(詳しくは「Xbox Live 接続方法」をご覧ください)

まずはじめに Xbox 360 側の設定を行います。Xbox 360 を起動したら、「マイ Xbox」に移動して、「ゲーム ライブラリー」を選択します。

※事前に Xbox Live に接続しておいてください。

右に移動して「タイプ」を開きます。

「インディーズ ゲーム」を選択します。

新しいバージョンの「XNA Game Studio Connect」を選択します。

「始める」を選択します。

すると、図のような「XNA Game Studio Connect」の画面に移動します。

初めて開いた場合は画面中央に Windows と接続をするためのコネクションキーが表示されています。これをメモしておきいます。

もし、以前のバージョンですでにコネクションキーを発行している場合は、「Y」ボタンを押して一度コネクションキーを削除したほうがいいかもしれません。(もしかしたらそのまま同じキーで繋がるかもしれません)

Xbox 360 はこの状態にしておきます。

続いて Windows 側の設定を行います。スタートメニューから「Microsoft XNA Game Studio 4.0」-「XNA Game Studio Device Center」を選択して起動します。

XNA Game Studio Device Center が表示されたら、「Add Device」をクリックします。(イメージには Zune が載っていますが無視してください)

「Xbox 360」をクリックします。

「Give your Xbox 360 console a name.」に遷移したら「Xbox 360 Name」に任意の名前を入力します。英数字のみで入力した方が無難かもしれません。

入力したら「Next」ボタンをクリックします。

続いて「Connection Key」を入力します。Xbox 360 で表示されている Connection Key を入力してください。

入力したら「Next」ボタンをクリックします。

特別なポートを使用して通信するので、右図のようなファイアウォールの警告が出る場合があります。この場合はアクセスを許可してください。

右のようなダイアログが表示されたら接続成功です。「Finish」ボタンをクリックしてください。

もし、別なダイアログが表示された場合は接続に失敗しています。入力間違えがないか確認して再度 Connection Key を入力してください。

接続に成功した場合は、右のように Xbox 360 が追加されます。

以上ですべての設定が完了です。いよいよ本格的にゲーム開発に取り組むことができるようになります。長い初期設定でしたがお疲れさまでした。