Xbox360 用のゲームの配布

Page updated :

The page you are currently viewing does not support the selected display language.

概要

作成した Xbox 360 用ゲームの配布方法について説明します。

※2010/10/01 時点では XNA Game Studio 4.0 での Xbox 360 に関係するシステムはすべてβ版であることに注意してください。

Xbox 360 用ゲームの配布

動作環境

必須環境

対応 XNA バージョン 4.0
対応プラットフォーム
  • Windows (XP SP3, Vista SP1, 7)
  • Xbox360
Windows 必須頂点シェーダ バージョン
Windows 必須ピクセルシェーダ バージョン

動作確認環境

プラットフォーム Windows 7, Xbox 360

内容

パッケージでの配布

まず、Xbox 360  用のゲームをパッケージ形式で配布する際の注意点ですが、配布したゲームを実行できるのは XNA Creators Club メンバーシップを購入している人のみです。Xbox 360 を持っている誰しもがパッケージ形式で配布したゲームを遊べるわけではないので注意してください。要は XNA のクリエイター同士で遊ぶためのものと考えてもらったほうがいいと思います。(ただし、今後この形態がどのようになるかはわかりません)

Windows 用のゲームとは違い、ゲームの配布先である環境にインストールされている必要があるものは、基本的に Xbox 360 用ゲームの開発環境になります。インストールすべきものを下に簡単に書いておりますが、「開発環境をそろえる」のページに書かれているとおりの環境を用意してもらえば Xbox 360 でゲームを遊べるようになります。

まずは Windows 環境。

次に Xbox 360 の環境。

  • XNA Creators Club メンバーシップ
  • XNA Game Studio Connect
  • Xbox Live ゴールドメンバーシップ (場合により)

配布するファイル(ゲームパッケージ)を作成する

まず、配布するゲームの Xbox 360 用プロジェクトを開きます。

ツールバーにある「Debug」を「Release」に切り替えましょう。こうすることで、配布するゲームに必要のないデバッグ情報を省いたり、ゲームを最適化してビルドできるようになります。

もちろん事前に Release モードでもテストは行った方がよいでしょう。

ビルドメニューから「ソリューションのリビルド」を選択し、今までのビルド情報を破棄して1からビルドさせるようにします。

通常のビルドでも問題はないと思いますが、まれに以前の状態のままビルドされないファイルがあったりすることがあるので、配布する直前にはリビルドをかけておくことをお勧めします。

プロジェクトのリビルドが完了したらビルドメニューから「Package XXXXX as XNA Creators Club Game」を選択します。(XXXXX はプロジェクト名です)

すると以下のフォルダに「XXXXX.ccgame」というファイルが作成されていることがわかります。

  • [プロジェクトフォルダ名][プロジェクトフォルダ名]\bin\Xbox 360\Release

これが XNA 用のゲームパッケージで、これをそのまま配布すればOKです。(ただ、サイトによっては「.zip」ファイルなどに別途圧縮しなければいけないところもあるので各自確認してください)

配布した Xbox 360 用ゲームを実行する

まず、ゲームの配布先であるパソコンを Xbox 360 と接続している状態にし、 Xbox 360 で XNA Game Studio Connect を起動した後、通信待機状態にしておきます。

続いてパソコン側で入手した「.ccgame」ファイルをダブルクリックすると、右図のようなダイアログが表示されるので、「Unpack」ボタンをクリックします。

すると、パッケージ内のゲームが Xbox 360 に自動的に配置されます。

Xbox 360 側で、待機画面から前の画面に戻ると、先ほど配置されたゲームが一覧に追加されていることがわかります。これを選択してください。

このようにゲームを開始させることができます。

ゲームを配置した後は、Xbox 360 をパソコンから切り離しても Xbox 360 単独でゲームを実行させることが可能です。ただし、インターネットには接続させている必要はあります。