チェックリストビュー

Page updated :

The page you are currently viewing does not support the selected display language.

開いたチェックリストを編集するビューです。

チェックリストビュー

編集するチェックリストを変更

複数のチェックリストを開いている場合、編集するチェックリストを上のタブから選択します。

開かれているチェックリスト

開いているチェックリストが多い場合は右上の矢印ボタンでスクロールします。(タブを複数行表示している場合はこのボタンは表示されません)

タブのスクロール

また、タブをドラッグすることによって順番を変更することができます。

タブのドラッグ

タブ移動後

チェック項目追加

チェックリストにチェック項目を追加します。

チェック項目の追加追加されたチェック項目

各項目の初期パラメータは列編集で編集することができます。

チェック項目の入力

チェック項目をマウスでクリックすると、その列項目に対して入力することが可能です。表示されるコントロールは列情報に依存します。

テキストボックスで内容入力チェックマーク選択

チェック項目削除

選択しているチェック項目を削除します。

チェック項目削除

複数一度に削除したい場合は、「Ctrl」キーや「Shift」キーなどを押しながら選択、またはマウスをドラッグして複数選択し、削除ボタンを押してください。

操作を元に戻す

チェック項目の追加や、テキストの編集などの操作を元に戻すことが出来ます。

アンドゥ

操作をやり直す

元に戻した操作をやり直すことが出来ます。

リドゥ

メニュー

チェックリストに関連する操作を行うメニューが表示されます。

チェックリストメニュー

使用するチェックアイコン

使用するチェックアイコンを設定するダイアログを表示します。

ここで設定したアイコンは、チェック項目のチェック、チェックツールバー、シングルチェックなどに反映されます。

列の編集

チェックリストの列に関する設定を行うダイアログを表示します。

切り取り

チェック項目を選択している状態で「切り取り」を選択すると、それらの項目を一時的に記憶し、切り取りを行ったチェック項目は削除されます。記憶された項目は他の項目が記憶されるまで、現在編集中のチェックリスト、または他のチェックリストに貼り付けることができます。

また、切り取ったデータはタブ区切りのテキストとしてクリップボードにコピーされるため、Excel などに2次元テーブル形式で貼り付けることができます。

コピー

チェック項目を選択している状態で「コピー」を選択すると、それらの項目を一時的に記憶できます。記憶された項目は現在編集中のチェックリスト、または他のチェックリストに貼り付けることができます。

また、切り取ったデータはタブ区切りのテキストとしてクリップボードにコピーされるため、Excel などに2次元テーブル形式で貼り付けることができます。

ペースト

あらかじめコピーしていたチェック項目を貼り付けることができます。別な項目をコピーするまでは何度でも貼り付けることができます。(ただし、アプリケーションを終了するまでの間)

複製

選択しているチェック項目を複製します。コピーした直後にペーストするのと同じ動作をします。ただし、クリップボードにはコピーされません。

全選択

現在表示されているチェック項目をすべて選択状態にします。

シングルチェック

通常チェックをつけるときはコンボボックスからチェックマークを選択して付けますが、シングルチェックを指定していると、チェックをつける際コンボボックスを表示せずにワンクリックでチェックをつけることができます。

下の図はシングルチェックを指定していない状態です。

シングルチェックなし

シングルチェックさせるアイコンを選択すると下のように表示アイコンが変化します。

シングルチェックセット

この状態でチェック欄をクリックすると、ワンクリックでチェックをつけることができます。

ワンクリックでチェック

グループ表示

通常チェック項目は一覧のリストとして表示されていますが、グループ表示を行うと、指定した列の選択項目に合わせてグループ化して表示されます。

グループ化できるのは、チェック項目列と選択アイテムリストを指定している列になります。

グループ表示


グループ表示をしていない場合


タイプ列でグループ表示した例

印刷

印刷に関連する操作を行います。

印刷

印刷プレビュー

チェックリストの印刷プレビューダイアログが表示されます。

直接印刷

プレビューを表示しないで直接印刷します。こちらは「印刷範囲」や「部数」を選択できます。

印刷設定

ページ設定

印刷時のページ設定を行います。プレビューで設定するページ設定と同じ内容です。

ページ設定

チェック項目の移動

特定のチェック項目の並びを変えたい場合は、移動させるチェック項目を選択し、「上へ」「下へ」ボタンを押します。ただし、グループ表示をしている場合は移動できません。

上へと下へ

移動前
移動前

上へ移動後
上へ移動後

検索

指定した列に対して検索を行えます。検索すると、検索に引っかかった項目のみがリストに表示されるようになります。

検索には2つのパターンがあり、選択アイテムから特定のアイテムに対して検索を行うパターンと、指定した文字列に対して検索を行うパターンがあります。

検索ツールバーの左側の「列」で選択項目情報を持つ列を指定すると、右側に「選択アイテム」が表示されます。

選択アイテム

選択アイテムを指定すると、その情報を持つチェック項目がリストアップされます。下の例では、列に「タイプ」、選択アイテムに「修正」を指定することにより、タイプ項目に「修正」を持つチェック項目だけが表示されています。

選択アイテムによる検索

選択アイテムリストを持たない列を指定した場合は、検索にテキストを入力します。

テキスト検索

テキストを入力して右の三角ボタンを押すと、指定したテキストを持つチェック項目だけが表示されます。このテキスト検索は大文字小文字を区別しません。

テキストで検索

何も入力せずに検索した場合はすべての項目が表示されます。

また、この検索内容は印刷にも適用されます。

チェックツールバー

チェックツールバーを使用すると、選択項目に対して一括チェックを行うことができます。このチェックツールバーの接続位置は環境設定で設定でき、必要なければ非表示にもできます。

チェックツールバー一括チェック

チェック項目のソート

各列のヘッダーをクリックするとチェック項目がソートされます。クリックするたびに昇順、降順が切り替わります。

ヘッダーによるソート

ソートされるときのデータ比較の基準は、列情報の「データの種類」に依存します。

このソート機能はグループ表示の時は使用できません。

列の幅変更

列の幅は、ヘッダーの列と列の間をドラッグすることによって変更可能です。また、その個所をダブルクリックすると、チェック内容の幅に合わせて自動的に列幅が調整されます。

列幅変更

コンテキストメニュー

チェックリストを右クリックするとコンテキストメニューが表示されます。各々の機能はツールバーの昨日と同じです。

コンテキストメニュー

チェックリストを閉じる

チェックリストの右上にある「×」ボタンを押すとチェックリストを閉じることができます。また、タブを右クリックしたときにでるメニューからも閉じることができます。

閉じるボタン閉じるメニュー

チェックリストの内容は閉じたときに自動的に保存されるようになっています。